異分野融合型研究開発推進支援事業

事業の目的

本事業は、医療実用化を目指した広範なシーズ育成を行うことを目的としています。具体的には、まだ製品コンセプト等が明確になっていない基礎研究(技術シーズ)に対し、 医療ニーズの有無を検証し(臨床医との異分野交流による)、製品コンセプトを明確にし(メンタリング実施による)、医療応用に向けた要素技術の検証を実施することで、基礎研究を1年以内に応用研究へ導くことを目的とします。

支援対象課題

下記(1)、(2)、(3)の条件を必ず満たす課題。また、(4)、(5) に向けて努力する課題。

 (1) 医療応用化を目指した研究課題であり、医学・歯学・薬学系以外の先端技術・知識を活用して医療イノベーションを実現する研究課題

 (2) 要素技術の原理確認を行う基礎研究課題(シーズA前の開発ステージを想定)

 (3) 事業終了までにシーズAへの応募や医療実用化に関する他研究費事業への応募を行う研究課題

 (4) 企業と連携した上での特許出願・特許網構築を目指す研究課題

 (5) 先端技術が社会的に受け入れられるための技術アセスメントやELSI(倫理的社会的法的課題)、ガイドライン提言等への取組を開始する研究課題

支援対象者

研究開発代表者は大学・研究機関等所属の研究者(常勤)であり、かつ医学・歯学・薬系以外の所属であることが求められる。