セミナー

【2月18日(日)14:00〜】iACT市民公開講座
「未来の医療のために−iPS細胞から生まれた新たな治療法−」

募集終了 2023/12/11

2024年2月18日(日)開催 「未来の医療のために —iPS細胞から生まれた新たな治療法—」

「臨床研究」「治験」と聞いて、皆さんはどんなイメージを抱かれますか?怖さや不安、抵抗を感じる方も多いかもしれません。しかしながら、臨床研究や治験に協力してくれる患者さんがいるからこそ、医療はここまで発展することができました。

 2回目となる今回は、臨床研究・治験に関する役立つ情報の探し方や向き合い方の他、前回のアンケートでの要望も多かった「iPS細胞」に関する新たな治療法についても紹介いたします。臨床研究や治験に関わる機会のなかった方も、実際に医療現場で活用されている事例やお話を聞くことで、臨床研究・治験への考え方が変わるかもしれません。

【川柳募集】特別企画|薬に関するエピソードや日頃の思いを川柳にのせて」 詳細はこちら検索

 

開催概要■ *チラシ(PDF) ダウンロード

講  座  名 「未来の医療のために —iPS細胞から生まれた新たな治療法—」
日  時  2024年2月18日(日)14:00〜16:00
場  所  京都産業会館ホール(オンラインでも同時配信)
 〒600-8009
 京都市下京区四条通室町東入函谷鉾町78番地 京都経済センター2階
 地図(Googleマップ)
 ・市営地下鉄烏丸線「四条駅」下車 北改札口より、徒歩2分
 ・阪急京都線「烏丸駅」下車 西改札口より、徒歩2分
  (地下鉄・阪急/地下道 26 出口 京都経済センターB1階入口直結)
参  加  費  無 料
定  員  300名 ※オンライン配信の定員はございません。
申  込  み  こちらの申込フォームよりお申込ください。
 ※お申込は終了いたしました。
 複数名でのご参加をご希望の場合は、参加者ごとにお申し込みをお願いいたします。
ご  質  問  本市民講座を通してのご質問は、以下の質問フォームより事前にお受けいたします。
 【第四部】パネルディスカッションの中でお答えいたします。
  ※事前質問の受付は終了いたしました。 
主  催  京都大学医学部附属病院 先端医療研究開発機構(iACT)
後  援  厚生労働省、京都府、京都市、公益社団法人 日本医師会、京都新聞、KBS京都、
 がん情報サイト「オンコロ」、京都大学iPS細胞研究所(CiRA)、
 京都番傘川柳会(12月21日現在)

 

 

■プログラム■        ◇総合司会:池田 香織(iACT臨床研究支援部 教育・研修ユニット ユニット長)

開会の挨拶  髙折 晃史(京都大学医学部附属病院 病院長)
第 一 部 「臨床研究・治験に関する役立つ情報の探し方」(20分)
 市川 衛(医療の翻訳家)
第 二 部 「患者としての臨床研究・治験との向き合い方」(20分)
 松本 陽子(NPO法人愛媛がんサポートおれんじの会 理事長)
第 三 部 「未来の医療に向けて〜iPS細胞を用いた網膜再生医療〜」(20分)
 髙橋 政代(株式会社ビジョンケア 代表取締役社長)
休 憩 (15分)
第 四 部 「未来の医療のために私たちができること」(35分)
 <パネルディスカッション> ファシリテーター:堀松 高博(iACT 戦略・広報室 室長)
 市川 衛(医療の翻訳家)
 松本 陽子(NPO法人愛媛がんサポートおれんじの会 理事長)
 髙橋 政代(株式会社ビジョンケア 代表取締役社長)
 老本 名津子(iACT 臨床研究支援部  臨床研究コーディネーターユニット ユニット長)
閉会の挨拶  波多野 悦朗(iACT 機構長)