研究者・企業の方へ

医療系ベンチャー支援窓口

医療系ベンチャー相談

  • 設置の背景

    「医療のイノベーションを担うベンチャー企業の振興に関する懇談会」報告書(2016年7月29日厚生労働省)において、臨床研究中核病院にベンチャー支援部門を設置することが提言され、べンチャー企業の研究開発支援や共同研究の実施など、よりきめ細かな支援体制の構築が求められています。
    先端医療研究開発機構(iACT)では、「医療系ベンチャー支援窓口」を設置し、「医学領域」産学連携推進機構(KUMBL)との連携のもと、京都大学の研究成果の実用化やアカデミア発医療系ベンチャー企業へのハード・ソフト両面の支援提供等を行っています。

  • 支援体制

    先端医療研究開発機構(iACT)

    • 学内外から広くシーズを掘り起こし、革新的な医薬品・医療機器等の開発における全てのフェーズに対して研究支援を行います。
    • 臨床試験および医師主導治験をサポートします。

    「医学領域」産学連携推進機構(KUMBL)

    • 研究成果の事業化を目指し、学内ニーズ・シーズを掘り起こしています。

    • ライフサイエンス系ベンチャー(医薬品、医療機器)の設立支援と共に、ベンチャー入居施設「イノベーションハブ京都(IHK)」を運営しています。
      イノベーションハブ京都(IHK)
       バイオメディカル分野のベンチャー育成とシーズの事業化を目指す、京都大学内のオープンイノベーション施設
  • 支援内容

    会社設立:拠点・設備の貸し出し
    資金調達:研究助成金・Fund情報の紹介、ベンチャーキャピタルの紹介
    ビジネスマッチング:マッチングイベント情報の紹介
    研究者紹介:京都大学に在籍する研究者の紹介
    その他:相談内容を検討の上、適宜対応

対象とする企業

  1. 京都大学の研究シーズを基に起業した医療系ベンチャー企業、もしくは起業を目指している方
  2. 現在京都大学の研究者と共同研究を行っている、もしくは今後連携を予定している医療系ベンチャー企業
  3. イノベーションハブ京都のパートナー企業から推薦を受けた医療系ベンチャー企業
  4. 京都大学イノベーションキャピタル(株)から投資を受けている医療系ベンチャー企業

ベンチャー相談の流れ

申請フォームの提出

ページ下部記載の【医療系ベンチャー支援窓口】にご相談内容等をご入力ください。

受領の連絡
相談内容の確認

相談内容等を検討し、対面面談実施の可否を判断します。

結果の連絡
対面面談の日程調整

対面面談を実施する場合は、改めて日時をご連絡します。

対面面談の実施

京都大学にて対面面談を行います。

【医療系ベンチャー支援窓口】

医療系ベンチャー相談フォーム

E-mail:venture_iact@kuhp.kyoto-u.ac.jp